自転車

【サイクリング】2013年13回目 本栖みち~富士四湖

昨日、SNSのTwitterのみなさんとサイクリングに行ってきました。
メンバーはTwitterのフォロワーさんを中心に、今回は大学生3人を含めた
総勢9人。
そしてゲストとして、最近折りたたみ自転車を買った女性の方も西湖で合流と言う
大人数です♪

まずは集合場所を目指して自宅を8時に出発。
甲西バイパスを走り、富士川のセブン-イレブンを目指します。

Imgp1070

前日までの天気予報は曇りでしたが、当日は見事な快晴!
10月の肌寒さはどこへやら、走っていて気持ちがいいです。

自分はみなさんと自宅が離れているので、集合場所が少し離れています。
集合時間の20分前に到着し、みんなを待つことに。

Imgp1071

タイムラインを確認しながら待っていると、本日参加の方が1人到着し、
現地集合の女性のかたも車で見送りにきてくれました。

3人で話をしながら待っていると、別の場所で集合していたメンバーが
集まってきました。
人事のようですが、みんなが走ってくる様子を見ると、さすがに多いな~と
思いましたw

無事合流できたのでここからサイクリングスタートです。
とりあえず次の休憩場所のローソンを目指して走りまじめます。
大人数なので、トレインは少し分割して3組に別れて走り始めます。

先頭は大学生3人組に走ってもらいましたが、後ろから見ていると
走りが軽やかで若いな~と言うのが正直な感想でした^^;

ローソンまでは多少の登りはありましたが、途中からは下り。
列も崩れることなくローソンに到着です。
ここで水分補給を済ませ、本栖みちを目指します。

ここから先頭はロングライド経験者の方になり走っていきます。
身延から下部に入ると道は少しずつ上り始め、照坂峠を超えて本栖みちの
合流に入ります。

Imgp1072

ここからは本格的な登りになるので、本栖湖を待ち合わせ場所にして
個々のペースで登っていきます。
登り初めは若い3三人が飛び出して行き、後ろ姿を眺めます。
それぞれ初めは話をしながら登っていましたが、徐々にバラバラに走ります。

自分も、自分のペースを乱さないように登りいつもの撮影ポイントで写真を1枚。

Imgp1073

ちょっと足休めしたかったのは内緒ですw
ここからは停まることなく一気に本栖湖まで登ります。
先を走っていた大学生に追いつき、声をかけて先頭に。

途中からは少しオーバーオーバーペースになりましたが、なんとか本栖湖畔に
到着しました。

Imgp1075

今日のサイクリンの昼食を取る西湖のお店のフォロワーさん情報では、朝は霧雨で
路面がウェットと行っていましたが、今は快晴で気持ちのよい気温。
富士山が見えないのは残念でしたが、贅沢を言っちゃダメですねw

休憩をしながらみんなを待っていると、皆さん結構涼しい顔をしながら登ってきました(汗
とても先頭を走った自分の顔は見せられなかったですw
ここで少し長めの休憩をしてここから昼食を取る西湖を目指します。
本栖湖北岸を走り途中の自販機で水分調達をし、一気に西湖へと走ります。

そして無事に西湖のいやしの里根場に到着。

Imgp1079

ここでお店を開くフォロワーさんが気持ちよく出迎えてくれました♪
そして、一足先に折りたたみ自転車で西湖湖畔を1周してきたフォロワーさんとも
無事に合流。
お店に用意して頂いた自転車スタンドに全員の自転車をかけると、
サイクルショップみたいになっていましたw

Imgp1077

全員揃ったので、みんなでお昼ご飯にすることにします。
自分はなめこそばを注文しました。

P_20131006_124513

地元で採れたなめこが入ったお蕎麦美味しく頂きました♪
そして、サービスで焼きたての草餅もいただきとても美味しかったです!
パパさんありがとうございました!

昼食&休憩を終えてここから河口湖を目指します。
西湖北岸を走り、河口湖に到着し、ここから若彦トンネルを超えて鳥坂峠を下ります。
河口湖から若彦トンネルまでは地味にキツイ上り坂・・・
ここはかなりしんどかったですが、必死に登ってなんとかクリアー。

トンネルを超えた先の芦川農産物直売所横の三叉路で少し休憩をします。
ここまでくると自分もみんなも疲労がたまってすこし口数が少ないか?
それでもこの先の鳥坂峠を越えれば下りになるのでがんばって進むこととします。

ここから先へ進むと、自宅の場所の関係で流れ解散になります。
自分は今日の予定の最終地点まで行く事にしていましたが、下りが気持ちよくて
下り過ぎてしまい、本来のコースから外れてメンバーと少しの間はぐれてしまいました(汗

道を少し戻ってなんとかリカバーしメンバーと合流。
そしてゴール地点の道の駅とよとみまでみんなと走って無事に今日のコースを完走することが
出来ました♪

Imgp1080

初めての大人数でのサイクリングは天候にも恵まれ、事故も怪我もなく走りきれることが
出来て良かったです♪
企画して頂いたフォロワーさん、そして一緒に走って頂いた皆さん本当にありがとうございました!
この場をかりてお礼を申し上げますm(__)m

さて、次はどこを走りましょうかね~♪

使用バイク:Road(PINARELLO QUATTRO)
走行距離:113.3km(サイコン読み)
累積標高:1,729m(ルートラボより)
所要時間:8時間26分
走行時間:4時間44分
※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サイクリング】2013年12回目 山梨市ラーメンライド

昨日、SNSのTwitterのみなさんとラーメンライドに行ってきました。
集まったメンバーは今年ロードバイクを買った方から、ロングライドをこなす強者
までと様々。
みんなで楽しく走って、美味しいラーメンを食べるのが目的です♪

まずは集合場所の国母工業団地のローソンを目指します。

Imgp1045

Imgp1046

空は快晴、気持ちのよい秋晴れでサイクリング日和。

集合時間の15分前にローソンにつくとすでにお一方到着していました。
Twitter上ではいつも会話をしているのに、顔を合わせるのは初めて(笑)
自己紹介と挨拶をしてみんなを待つことに。
すると続々と皆さんが集まってきました♪

今回は人数も多く、総勢7名!あいさつもそこそこに走り始めます。
笛吹川沿いに走り、境川の農産物直売所で初めの休憩。

Imgp1048

Imgp1047

みんなで談笑しながら休憩をして先を目指します。
八代に入ると道は少し上り始め、個々のペースも違うのでトレインがバラバラに
なったり、道を通り過ぎた人を追いかけたり(笑)

それでもみんなでペースを合わせながら走っていきます。

Imgp1051

一宮から山梨市に入り、若干早めに目的にラーメン屋さんに到着。

_mg_5477

今回選んだのは焼豚食堂です。
11時半を少し過ぎた頃でしたが、席はすでに満席に近く人気の高さが分かります。
メニューを見ながらみんな食べたいものを注文。
自分は炙り焼豚麺を頼みました。

_mg_5479

ラーメンを待つ間、食べながらもいつもの絡みの話をしたり、今後のルートの話を
したりと楽しい一時です♪
食事を終えてここからのルート検討をしていると、近くのフルーツ公園まで登って
みますか?との提案が。
今年、自転車を始めたばかりの方はちょっと不安そうでしたが、ゆっくり登ってみることに
しました。

ルートは地元の方の提案で、距離は少し長くなるけど緩やかな坂の方へ。
登り初めは緩やかな坂で、交通量も少なく確かに走りやすいです。
登りは各々のペースで走り、自分も最後尾を走ったり、前を走る人を追いかけてみたり(笑)

途中、キツイ勾配の箇所もありましたがなんとか全員でフルーツ公園に到着しました。

Imgp1053

ここで登り切った記念に全員で自転車を並べて記念撮影♪
これだけロードバイクが並ぶと壮観です♪
記念写真を撮り終えると、公園の係員さんに「ここは自転車の持ち込み禁止ですよー」と
注意されてしまいました。
公園の遊びにきている方々、管理されている方々ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

場所を移動し、休憩をしていると自分たちの方へバイクが走ってきて停車。
なんとTwitterのフォロワーさんがツーリングがてらみんなに会いにきてくれました。
みんなでワイワイ話をして、ここから帰路につくことに。
下り基調のフルーツラインを走って終点もセブンイレブンで休憩。
ここではみんなでガリガリ君の当たりにチャレンジです!

P_20130922_141253

総勢8人のガリガリ君チャレンジ、誰か1人位はあたるか!?と期待をするも、
みんなで外してハズレの写真をTwitterの投稿するのも楽しみ(笑)
そして結果は、見事に全員外れでした(笑)

P_20130922_141859

ガリガリ君チャレンジをみんなで楽しみ、ここで本格的に帰路へ。
各々自宅方面へと分かれていき、自分も途中で皆さんとお別れ。
天気も良く、美味しいラーメンを食べて、気持よくみんなと走り無事に帰宅。
自転車に乗り始めたばかりの方は無事に走り切れたロングライド。
本当に楽しく走れました♪
またスケジュールが合えばみんなで走りましょう!

さて、次はどこを走りましょうかね~♪

使用バイク:Road(PINARELLO QUATTRO)
走行距離:73.2km(サイコン読み)
累積標高:694m(ルートラボより)
所要時間:6時間25分
走行時間:3時間21分
※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サイクリング】2013年11回目 身延ポタ

先週に引き続き今週ものんびりとサイクリングに出かけてきました。
今回もお昼のラーメン屋さんを目的に身延方面へ。
まずは甲西バイパスを走り南へ向かいます。

Imgp1024

台風が本州に接近しているようですが今日はまだ快晴!とまでは
いかないまでも良い天気♪
のんびり走りながら南アルプス市甲西地区に入り、途中から三郡橋を渡って
市川三郷町に入ります。
このコースは本栖湖へ行くのに必ず走る道で自分の庭みたいなもんですね♪
走り始めて1時間程で六郷町のローソンに到着。

Imgp1025

ここの駐車場で少し休憩をします。
もう8月の猛暑日ほど暑くもないので、持ってきたボトルだけで水分補給。
休憩を終えて先を目指します。
ここから峡南橋を過ぎて右手に川を見ながら少しずつ上り始めます。
峡南高校を過ぎて暫く進むと、斜度もすこしきつくなり照坂峠までは数箇所の
つづら折り区間を走ることになります。
体力に余裕はありましたが途中で停車して記念撮影。

Imgp1026

SNSで使っているプロフィール写真の撮影場所で久しぶりに一枚w
写真を撮って先へと進みます。
短い区間の上りを過ぎると照坂トンネルが見え、ここでとりあえずの上りは終わりです。

Imgp1027

トンネルを過ぎて下り基調の道を走り身延・本栖への分岐。

Imgp1028

いつもはここを左折して本栖湖へと上っていきますが、今回は身延方面へと下って行きます。
R300に合流し1kmほど走って道の駅しもべに到着。

Imgp1029

ここでも少し休憩をします。
休日とはいえ田舎の道の駅、人もまばらでのんびりした雰囲気が良いです。
ここは確か奥にバーベキューが出来る場所があったり、遊歩道があったりと
珍しい道の駅です。
休憩を終えてここからお目当てのラーメンを食べに行くとします。
今回はラーメン屋さんではなく大衆食堂でネットはほぼ情報がなかったお店です。
R52に入り1.5kmほど北日走り、飯富病院の裏にあるすずらん食堂に到着。

_mg_5278

事前に場所は調べておきましたが、張り口の小さな看板を見落として少し
通りすぎてしまいました^^;
少し早いかな?と思いましたが営業は始まっていて常連さんがすでに食事をしていて
自分もメニューを見ながらチャーシューメンを注文。

_mg_5274

スタンダードな醤油ラーメンで、豚骨ベースの甘めのスープで美味しかったです♪
食べている途中でお店のおばさんが「お急ぎですか?」と聞いてくるので、
いえ急いでないですよ、と答えるとちょっとお店の前の病院に出前に行ってくるとのこと。
始めてきた客さん(自分)を残して出前に行ってしまいましたw
それでも届けるのは目の前の病院なので5分ほどで戻ってきました。
お腹も膨れたのでここから帰路につくことに。

R52を走って南アルプス市を目指します。
途中路肩が狭い区間もあったりしてトラックに冷や冷やしましたが、
景色を見ながらのんびり走ります。

Imgp1032

途中の塩の華ではトイレ休憩。

Imgp1033

ここはよく立ち寄ったりしますが、いつもトイレだけで中には入ったことが
ありませんw
鰍沢・増穂と走り増穂からはR52を外れて西側の山沿いのウエスタンラインを
走って南アルプス方面へ。
甲西に入ってからは少し傾斜のキツイ区間がありますが上ってきた方向を見ると
良い景色が楽しめます♪
上りの途中にある公園からの眺め。

Imgp1034

実はここから少し遠くはなりますが、神明の花火も見えたりするようです。
公園で最後の休憩をしてここから一気に自宅まで!
櫛形に入れば多少のアップダウンで自宅までは下り基調、軽快に走ります。
そんな中、途中で見つけた面白いプレハブw

Imgp1035

山梨県人が喜ぶ甲州弁ですw
一回通り過ぎましたが、思わず戻って写真を取りました(笑)
とこんな感じで今回のサイクリングは終了。
距離も短く累積標高も少なかったので、少々走り足りない感じがしましたが
たまにはこんなサイクリングも良いな~と思いました♪

さて、次はどこを走りましょうかね~♪

使用バイク:MTB(TREK 4300)
走行距離:79km(サイコン読み)
累積標高:784m(ルートラボより)
走行時間:3時間22分
所要時間:4時間51分
※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【サイクリング】2013年10回目 雁坂トンネル手前

秋の気配が近づく中、仕事も落ち着いているので有給を取ってサイクリングに出かけてきました。
今回の行き先は雁坂トンネルの手前まで行ってみることにしました。
普段通りに起きて、自宅を8時前に出発。
まずは甲西バイパスからアルプス通りを走ってR20へ。

Imgp0990

多少雲は多いですが、前日の大雨が嘘のような良い天気です♪

Imgp0991

時間は通勤・通学時間なので交通量は多く、学生さんのちょっと危ない自転車に
少しヒヤヒヤしながら走ります。
R20から和戸通りに入り途中のファミリーマートで少し休憩。

Imgp0992

駐車場の隅で水分補給をして駐車場を見ていると、早朝から働いていたのでしょうか?
車の中で寝ている人が何人もいました。

水分補給を終えてここからR140に入り、雁坂みちを走って雁坂トンネルを目指します。
R140に入ると、交通量もかなり少なくなり走りやすくなります。
途中、春日居の辺りは道幅が狭くなりますが、交通量が少ないので割りと走りやすかったです。
そして道は少しずつ上り始め、のんびり走って道の駅まきおかに到着。

Imgp0994

ここでも木陰に入って少し休憩、日差しは強く暑いですが、木陰に入ると涼しく、
道の駅は平日と言うこともありゆっくり休憩出来ました。
ここまでは数年前に自転車で来たことがありましたが、この先は未体験ゾーン。
自転車はミニベロできているので、とりあえず無理のないペースで進むことにします。
牧丘を過ぎて三富に入ると、勾配も所々7~8%の区間が出てきます。
標高も高くなり、気温はそれほど高くはありませんでしたが、日差しが強い・・・
途中、少しクラクラしたので足を付いたりしながら広瀬ダムに到着。

Imgp0997

Imgp0996

先日の雨で貯水率も回復しているように見えますが、これでもまだ少ないと
Twitterのフォロワーさんが言っていました。
ここまでくれば雁坂トンネルは目前なので疲れも忘れ自転車を走らせます。
広瀬ダムからはすぐ近くですが、水分が無くなってしまったので、道の駅みとみで
補給がてら少し休憩。

Photo_2

Imgp0999

コーラを飲みながら休憩していると、途中で自分を追い抜いて行った女性ライダーの
方がいましたが綺麗でかっこいい人だったな~(笑)
なんて事を思いながら休憩をして、いざ目的地へ。
途中の橋は高所恐怖症の自分はちょっと足がプルプルしました^^;
そして、自宅を出発して4時間弱で雁坂トンネルの料金所に到着しました。

Imgp1002

トンネル手前になると、しつこい位にトンネル内自転車通行禁止の看板がありました。
実は自分は車でもここを通った事がありません^^;
原付きまでは通行出来るようですが、自転車当然のようにダメなので、料金所前の
脇にあった駐車場で休憩をとります。

Imgp1003

時間はお昼になり、風も少し強くふいてきて、木陰で休んでいるとすごく気持ちが
良かったですが、休憩していると自分の周りをスズメバチがブンブンと
飛び回っていてちょっと怖かったです・・・
これからの時期は要注意ですね。
とりあえず今回の目的も果たしたので、お昼ご飯を食べることに。
実はこのお昼ご飯も目的の一つだったりします。
行き先は事前に調べておいたラーメン屋さんへ。
場所はR140沿いで、上って来る途中で店舗も確認済です。
来た道をサーっと下って目的のラーメン屋さんに到着。

_mg_5230

お店の名前は「中村屋」さん。
途中、他のお店や会社でも「中村」と言う名前がちらほらありましたが、この辺りは
中村さんが多いのでしょうか?

店内に入ると常連さんとみられるお客さんが2名、店主と談笑していました。
メニューを見ながら今回はチャーシューメン(中盛)とんこつ醤油を注文。

_mg_5226

ラーメンが着丼して店主に「写真を撮ってもいいですか?」と確認すると、
「どうぞ!どうぞ!秘境の店なんでどんどん宣伝してください!」とのこと。
お礼を言ってブログで紹介させて頂きます、と伝えるとなんと炙りチャーシューを
サービスで追加してくれました♪

そしてスープを一口飲むと、家系のラーメンに良く似た豚骨スープでとても美味しいです。
麺は一般的な中華麺に近い中細麺でスープもよく絡み一気に完食!
食べ終わった後に、営業時間等尋ねると気持ちよく教えて頂き、
常連さんとの楽しい会話から気持ちのよい店主さんの人柄が伝わりました。

お腹も膨れたのでここから帰路につくことに。
とりあえずきた道を少し戻り、途中から塩山・勝沼を通ってR20に入り石和まで
一気に走ります。
石和からは車に気を使うことなく走れる笛吹川サイクリングロードへ入ります。

Imgp1005

途中、橋の下で休憩しながらサイクリングロードをのんびり走っていると、
途中でサイクリングロードはダートと言うか、まっすぐ先は通行止めに・・・
しかたがないので迂回する?と思われる土手沿いを走ることに。
走るにつれてどんどん狭くなる土手沿いを走っていると、目の前の先の空は
丁度晴れと曇りの境目が見えました。

Imgp1006

写真を撮ってさらに進むと、迂回出来ると思っていた土手は一般道に入り、
そして小瀬へと続く道へ合流してしまいました^^;
戻るのもめんどうなのでそのまま小瀬へ。
途中の道は自転車専用道路が出来ていて、かなり快適に走ることが出来ました。

Imgp1007

そして小瀬に到着し桜並木の道に入ると、時期的にまだ早い落ち葉が。

Imgp1008

きっと雨が少なすぎて葉が枯れてしまっているんでしょうね・・・
小瀬でもコーラを飲みながら休憩をしてここから一気に自宅まで。
と言いつつも途中で暑さに負けてガリガリ君を食べたりしましたが、
無事に自宅に到着しました。

最近はサイクリングに出ていなかったので、途中しんどい所もありましたが
ミニベロにしては距離も稼げて、美味しいラーメンも食べられて楽しいサイクリング
でした♪
さて、次はどこを走りましょうかね~♪

使用バイク:ミニベロ(BENETTON)
走行距離:114.7kmkm(サイコン読み)
累積標高:1,148m(ルートラボより)
走行時間:5時間37分
所要時間:8時間28分
※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サイクリング】2013年9回目 メルヘン街道 麦草峠

先週末から山梨県甲府市では最高気温が40度超えと、記録的な猛暑になっています。
そんな中、昨日から仕事がお盆休みに入るので13日の盆入り前にサイクリングに
出かけて来ました。
当初考えていたコースは静岡に行こうと思っていましたが、この暑さでは
さすがに走れそうもないので涼しい長野の山に行くことに。

夕方からは友人と呑みに行く予定があるので体力がある程度残せるコースに
することにしました。
行き先は2年前に行った麦草峠、日本の国道最高地点第2位の峠です。

朝は4時に起きてまずは腹ごしらえ。
U.F.O.BIGシーフードを食べて出発!

Imgp0917

Imgp0918

自宅からR52を北へ走り、韮崎市からR141に入り野辺山を目指します。
自宅を出たのは5時頃で、サイコンに付いている温度計は25度を表示していました。
この気温で自転車で風を切って走るととても気持ちがよく、早朝で交通量も
少ないので快適に走ることが出来ました。

韮崎を過ぎて須玉での朝日。

Imgp0919

オレンジ色の太陽が顔を出し、今日も暑くなりそうな光でした。
須玉から高根に入り、走行時間も丁度1時間になったのでコンビニの裏で
水分補給をすることに。

Imgp0920

早朝で涼しいとはいえ、走行中は常に汗が出ているのでこまめに休憩を
とり水分はしっかり取ることにします。
自分は基本的にソロで走っているので、途中で熱中症やハンガーノックなど
トラブルが出ないように少し過剰に管理しながら走ります。

休憩を追えて出発、ここから野辺山まではダラダラとした上りが続くので、
その先の麦草峠を上りきれるように、ここはゆっくりと上って行きます。
途中で見えた八ヶ岳は少し霞んでいますが、空は青く天気の心配も無さそうです。

Imgp0921

R141をゆっくり走り、清里に入り少し休憩。
今は廃墟となってしまった場所ですが、お店が開いている時はカレー屋さん
だったようです。

Imgp0922

休憩を終えて出発し、自宅を出てから2時間半で長野に入りました。

Imgp0924

ここから野辺山の駅を過ぎると小海町までは気持ちのよい下りに入り、
ギアをアウターに入れ軽快に下っていきます。
野辺山・南牧村の手前までは道幅も広く走りやすいですが、途中から道も狭くなり
路肩のアスファルトが波打っているので走行には少し気を使いました。
そして野辺山から標高を500mほど下げて小海のローソンで休憩。

Imgp0926

ここではこの先のメルヘン街道に向けて水を1リットル購入。
少し多いかもしれませんが、初めて上った時に途中で水分を切らして
しまったので今回は余分に持っておくことにしました。

休憩と水分調達をして出発、暫く走るとR299メルヘン街道への交差点に
到着しました。

Imgp0928

看板の先の信号を左折し麦草峠方向へと走ります。
左折するとすぐに麦草峠26kmの看板が。

Imgp0929

ここから26kmの上りが続くんだな~と思いながらゆっくりと上って行くことに
しました。
メルヘン街道に入ってすぐの道は住宅街とのどかな風景。

Imgp0932

空も青いし緑が綺麗で走っていて気持ちがいいです♪
そして5kmほど上って麦草峠方面への分岐。

Imgp0933

事前に地図で確認した時は、麦草峠までは1本道のはずでしたが・・・
看板が出ているのでここを左折して上って行くことにしました。
分岐を上って行くと本格的な山道になり傾斜もきつくなります。
ヌルヌルと上って道端で少し水分補給をすることに。

Imgp0934

ここで休憩しながら、先ほどの分岐がどうしても気になったので
スマホで現在位置と地図を確認してみると・・・
メルヘン街道をショートカットする形で道を外れている事に気が付きました><
本来はメルヘン街道を初めから最後まで走るつもりで来ていたのでちょっと
ショック・・・
かと言って分岐からだいぶ上ってきてしまったので引き返すのもしんどい・・・
気を取り直してこのまま上って行くことにしました。

しかしこの上りに入ってから正直な所かなりしんどい、メルヘン街道に合流
したら松原湖の方へ下って帰ってしまおうか?なんて事が頭をよぎります。
そんな中でも顔をあげて景色を見れば見事な白樺の群生地。

Imgp0935

綺麗な景色に元気をもらい、なんとかメルヘン街道に再度入ることが出来ました。

Imgp0936

メルヘン街道に入ると、先ほどのショートカットした道よりは傾斜も緩くなり
走りやすくなりました。
そして景色も開けて気持ちがいい♪

Imgp0937

途中、右方向には八千穂高原スキー場。

Imgp0939

体力もだいぶ消耗し、 やっとの思いで休憩ポイントのレストハウスに到着。

Imgp0940

ここでは少し長めの休憩をすることに。
足腰もだいぶ重くなってきたので即効性のあるコーラとようかんを補給しました。

P_20130811_102333

P_20130811_103108

補給と休憩を終えていざ出発。
ここからは道幅が少し狭い区間も出てきて、交通量も一気に増えます。

Imgp0941

特に増えるのはバイクで5~6台のツーリンググループが多かったです。
そしてマフラーを交換してあるバイクは爆音で・・・ちょっとうるさかったです^^;

景色を見たり、写真を撮ったりしてゆっくり上り。

Imgp0943

自宅を出発して6時間半で麦草峠に到着しました。

Imgp0945

一度来ている場所ですが上りがきつかった分、十分な達成感!
来てよかったな~としみじみ思いました♪
丁度ここで予定しているコースの半分になり、帰りはほぼ下りになるので
暫く木陰に入って休憩。

時間は12時近くですが、サイコンの温度計は25度。
猛暑の夏とは思えない位の快適さで横になって寝てしまいたいくらいでした。
そんなことを思いながら休憩をしていると、反対側の諏訪側から上ってきた
ローディーの方が標識を背に写真を撮って欲しいというので快く承諾。

撮影をするとその方が、自分の記念写真を撮りましょうか?と言ってくれたので
お言葉に甘えて撮ってもらうことにしました。

Photo

ピースサインなんかしてちょっと恥ずかしい感じですが、良い記念になりました♪
記念写真を撮った後、ローディーの方と少し話をして自分は再度休憩。
ローディーの方は来た道を下っていきました。

休憩を終えてここから茅野まで一気に下って行きます。
峠の頂上付近も良い景色!

Imgp0947

暫く下った所から茅野方面を見下ろせる場所もありました。

Imgp0949

ちなみにメルヘン街道の下りは路面の状態もそんなに良くないので
スピードは出せず、ある程度の速度で下って行きました。
そうは言っても頑張って上った後の下りなのでとても気持ちよかったです。

一気に1,00m以上を下り茅野に入ると空気が暑い・・・
サイコンの温度計を確認すると38度!?なんと麦草峠とは13度も気温差が
ありました^^;
メルヘン街道からR20に入りあまりにも暑いのでローソンで少し休憩。
ここではポカリ1本と体温を少しでも下げるようにガリガリ君を購入。

P_20130811_130823

ガリガリ君はTwitterへのネタ的な事もありましたが、サイクリング中に
暑くてどうしようもない時に食べると、体がスーっと冷える感じがして
即効性もあり非常に助かります。
ちなみに当たりは出ませんでしたw

休憩を終えてここから本格的な帰路につくことに。
まずは富士見までのダラダラとした上りを走ります。
麦草を超えた後なので、緩い上りでもしんどいかと思いましたが、
思いの外足の調子は良く、スイスイと富士見までの上りをクリアー!
富士見を超えたあとはずっと下るだけ、道も国道なので綺麗で走りやすく
スピードをあげて走ることが出来ました。

そしてアッという間に道の駅はくしゅうに到着。

Imgp0951

暑かったのでここでもコーラを1本飲んでしばし休憩。
ここまで来れば帰ってきたも同然なのでのんびります。
ここからはR20を外れ西の山沿いを走り韮崎までとりあえず走ります。

韮崎の円野へ入りいつもの休憩場所へ近づくと、今年もかかし祭りが始まって
いました。

Imgp0953

昔に比べると規模は縮小してしまいましたが、今年の顔を表すかかしが
並んでいます。
かかしをさらっと見ていつもの風車で休憩。

Imgp0954

長野側へのサイクリングの帰りはここのベンチに仰向けになって休憩するのが
恒例になっていますw

Imgp0955

空を見上げるととても気持ちがよく暫くボーっとしていました。
最後の休憩を終えてここから一気に自宅へ走り、無事にサイクリング終了。
思えば3週間ぶりのサイクリングになりましたがしっかり山も上れたし、
距離もそれなりに稼げて気持ちのよいサイクリングでした!
夏はやっぱり山を走るのがいいですね。

さて、次はどこを走りましょうかね~♪

使用バイク:Road(PINARELLO QUATTRO)
走行距離:174.2km(サイコン読み)
累積標高:3,336m(ルートラボより)
所要時間:11時間11分
走行時間:8時間22分
※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サイクリング】2013年8回目 御庵沢小武川林道・甘利山

連日猛暑が続いていますが、ここ数日は朝晩も涼しく良く眠れます。
そんな中、今日もサイクリングに出かけてきました。
毎度、前日ギリギリまで行きさが決まりませんでしたが、今回は数年前から
気になっていた御庵沢小武川林道を走って見ることにしました。

自宅を8時に出発し、まずはいつもの徳島堰から

Imgp0849

空全体が雲に覆われていますが、暗くはなく日差しが遮られて走るには
快適な天気です。
徳島堰からは西へ上りウエストリバーキャンプ場を目指します。

ここから御庵沢小武川林道への分岐、山の果樹園の看板方向、右へと上って行きます。

Imgp0850

山の果樹園の看板裏には御庵沢・小武川林道の杭があります。

Imgp0851

林道起点の杭を過ぎて暫くすると本格的な上りが始まり、周りは気に覆われ
気持ちのよい林道を走っていきます。

上り始めて10分程で先程の山の果樹園への分岐。

Imgp0854

Imgp0853

同じ方向には須沢城、善応寺があるようです。
そして看板の斜向かいには熊に注意の看板があり、自宅近くでも熊が出ることに
驚きました。

Imgp0855

この看板を合図に、熊よけの鈴と携帯ラジオを最大音量でオンにして上り再開です。
自宅を出発して1時間ですっかり山の中。

Imgp0856

Imgp0857

尻捲りの滝と面白い名前の滝があるようですが、それらしき滝は見つけられませんでした。

林道のゲートはちゃんと開いていましたが、大雨や台風の後は土砂崩れなどで
閉鎖になることがあります。

Imgp0858

今回はうっかり事前に林道情報を調べるのを忘れていましたが、開いていて
良かったです。
林道のゲートを過ぎて暫く上ると、路面には細かい落石があり走行には注意が必要です。

Imgp0859

と言っても、上りでスピードも出ていないので、よっぽどボーっとしていなければ
石を踏んで落車することも無いでしょう^^;

標高が1,000mを超えると周りの山々が同じ目線になり、すごく気持ちがいい!
やっぱり夏は林道サイクリングに限りますね♪

Imgp0860

景色を見ながら上って行くと綺麗に整備された道が突如ダートになっていました。

Imgp0865

この林道が途中でダートになっているのは知っていましたが、数年前の情報だったので
もしかしたら舗装されているかも?と期待していましたが、舗装途中の状態でしたw
ま、ダートでもMTBできているの、余程の傾斜がなければ問題なし!ってことで
構わず上って行きます。
舗装路が終わってから、数百メートル進むと開けた場所が顔を出します。

Imgp0867

どうやら清良平と言う場所で、ここから登山が出来るようです。
現に1人リュックを背負って登り始める人がいました。
ここでは写真だけ撮って先を目指すことに。
上りの傾斜はそれほどキツくなく、路面も車が踏み固めてくれているので
砂利で滑ることもなくスリックタイヤでも普通に上って行けました。

Imgp0869

所々大きな岩が剥き出しの所もあります。
ダートの後半では途中右手側に綺麗に整備された場所があり、景色も開けて
富士山が少しだけ顔を出していました。

Imgp0872

晴天だったら絶景間違いなし!曇っていたのが残念です・・・
ここから暫く進むとダートの区間が終了、距離は2km程だったと思います。

Imgp0876

ダートが終わると綺麗の舗装されたばかりの新しい道で走りやすい!
道も下りになったので、甘利山公園線の合流まで一気に下って行きます。
サーっと下って甘利山公園線に到着。

Imgp0878

このまままっすぐ走ればこのまま武川に行けるようですが、せっかく来たので
甘利山駐車場まで走って見ることにします。
ちなみに御庵沢小武川林道の合流地点から、甘利山駐車場までは5.5kmと看板が
立っていて、甘利山公園線のちょうど中間になるようでした。
ここでも熊注意の看板。

Imgp0880

至る所にあるのでちょっと緊張感が薄れてきました^^;
甘利山公園線に入ると、御庵沢小武川林道より傾斜がキツイのでちょっと
しんどい・・・
無理せずゆっくり上って、標高が1,400mを超えた辺りから景色はこんな状態に・・・

Imgp0884

どうやら山には雲がかかっていて、いつの間にか雲の中に入ったようです。
そして自宅を出発して3時間で甘利山駐車場に到着。

Imgp0885

甘利山の方は雲で真っ白、それでもリュックを背負って上って行く人を何人か
見かけました。

Imgp0886

駐車場は観音平や夜叉神峠よりは空いていて、のんびりすることが出来ます。
ここまでひたすら上りで少し疲れたので、休憩がてら栄養補給!

Imgp0888

すぐに体力に変わるように羊羹の補給です♪
休憩を終えてここからは気持ちのよい下り!下る方向は戻るのではなく、
小武川側へ下って行きます。
去年も同じ道を下りましたが、ここでもダート区間が2箇所ありました。
しかし去年はすでに舗装工事が始まっていて、どんな状態かは分かりません。

そしてせっかく下るので今回もTwitterで動画配信も行いました。
ただ山の中で電波も届かない場所もある、と言うかほとんど?なので
下りはじめた前半で配信が出来なくなってしました・・・残念!

動画配信が諦めきれず、下ってはすぐに止まり電波のチェック、ダメだと分かったら
下り始めの繰り返し・・・
結局は配信出来そうもないので、途中からは普通に下りました^^;

ちなみに甘利山からの下りは小字沢林道、暫く下ると小武川林道へ合流します。

Imgp0889

合流したら左方向へ進み武川方面へ進みます。

さらに進むと青木沢林道との分岐になるので、看板を見ながら武川方面の右へ進みます。

Imgp0890

ちなみにここを右へ行くと去年はダート区間になりました。
さて今年はどうだ!?

Imgp0891

ちゃんとダート区間は残っていました♪
スリックタイヤでスピードも上げられないので落車しないように、ゆっくり下って
行きます。
しかし、普段は味わえない路面なのですごく楽しい!舗装されずに残っていて
良かったです!

暫く下ると去年舗装工事をしていた御座石林道の分岐点に到着。

Imgp0892

ここはもちろん工事が完了し綺麗な路面になっていました。
ここからは舗装路になりますが、先へ進むと古い路面になるので表面がめくれて
こんな場所も所々あります。

Imgp0894

スピードが乗る舗装路の下りでは、ある意味ダートより危険です・・・
そして写真を撮るのを忘れましたが、小武川林道が終わる直前にも短いダート区間があり
小武川林道は終了。

一気に1,000m下ってきましたが、雲がかかっていた山の中とはうって変わって
いい天気!

Imgp0896

実際のところ、甘利山の駐車場では汗が冷えて寒かったのですが、この暑さが当たり前
だと思いだしましたw
ここからとりあえず韮崎市円野のいつもの風車まで走ります。

Imgp0897

Imgp0898

途中の田んぼの風景は、稲も育って一面が緑の絨毯になっていて、青空との色合いが
最高に綺麗でした。
いつもの場所で休憩して、本日はここまで。
農道を走って自宅方面へ走ります。

Imgp0899

時間はお昼を過ぎているので、たまにはラーメンを食べて帰るかな?
って事で自宅近くのラーメン屋さんへ。

_mg_3416

訪れたのは韮崎市龍岡の「小多家」さん。
2年程前に1度訪れましたが、近所なのにご無沙汰だったので寄ってみることに
しました。
注文したのはチャーシューメンと餃子。

_mg_3413

_mg_3414

美味しく頂きましたm(__)m
(詳細は別記事にして掲載します)
そんな訳で、以前から気になっていたコースを消化出来て満足!
距離は稼げなかったですが、初めて走る林道が新鮮で非常に楽しめました!

さて、次はどこを走りましょうかね~♪

使用バイク:MTB(TREK 4300)
走行距離:63.7km(サイコン読み)
累積標高:1,689m(ルートラボより)
走行時間:4時間6分
所要時間:6時間1分

※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サイクリング】2013年7回目 夜叉神峠手前

3連休の初日、今週もサイクリングに出かけてきました。
今日は夜に用事があるので、疲れを残さないように軽めの走行。
行ってきたのは自宅から近い夜叉神峠手前のゲートまでです。

夜叉神峠手前のゲートからの道は、10年ほど前までは車でも
通行出来たようですが、現在はマイカー規制されていて自転車も
通行不可となっています。

なっていますが、一応確認するために行ってみようと思いますw
まずは自宅を西に上り徳島堰周辺。

Imgp0821

うっすらですが富士山を見ることが出来ました。
そして県道20号をひたすら芦安方面へと走って行きます。
暫く走ると「ようこそ芦安温泉郷・北岳へ」の看板が出迎えてくれます。

Imgp0822

ここから芦安の集落を抜けるまではだらだらとした上りですが、
直線なので少々しんどいですw
芦安の役場を過ぎてからは10%程の上りが少し続き、脇にあった東屋で
少し休憩をします。

Imgp0823

途中、芦安の学校周辺でもそうでしたが、夏山シーズンで北岳登山に行く人で
バスやタクシー、マイカーの交通量がかなり多いです。
道幅も広くはないので走行には注意が必要ですが、タクシーの飛ばすこと・・・
乗っているお客さんも少し怖いんじゃないでしょうか・・・

休憩を終えてまた上っていきます。
集落も過ぎて景色はすっかり山!

Imgp0827

標高も高くなり涼しい山の中を走っていきます。
夜叉神の看板を頼りにさらに山の中へ。

Imgp0829

今日は距離も短いのでミニベロできましたが、さすがに山に入ると
ギアが少し足りませんでしたw
景色を見ながら写真を撮って夜叉神峠手前の駐車場に到着です。

Imgp0830

Imgp0832

Imgp0834

先週の観音平もそうでしたがすごい車の数、そしてここからはマイカー規制も
入るのでタクシーとバスも多いです。
そして気になっていたマイカー規制起点のゲートに行って見ると。
警備員さんが二人いて、自分の姿を遠くから確認した途端に両手で
バツを作って「ここから先は自転車通れないよ~」と言われました。

Imgp0837

噂には聞いていましたが、まさかこんなに厳重に規制しているとは
正直びっくりです^^;
休憩がてら警備員さんに「今後自転車が通れるようになりませんかね?」
と聞くと「まず無理だね~」と即答・・・
夜叉神からスーパー林道を通って奈良田へ抜ける夢は崩れさりました><

話を聞かせて貰った警備員さんにお礼を言って帰路につくことに。
今日は重心の高いミニベロ&路面も少し荒れているので対向車に気をつけながら
ゆっくり下っていきます。
芦安の集落の少し手前で、来た道とは少し外れて散策して帰ることに。

Imgp0838

Imgp0839

すっかり山奥だと思ったら綺麗に整備された公園と温泉がありました。
詳しくは見ませんでしたが設置されていた看板を見ると水力発電も
あるようでした。

Imgp0841

近くに住んでいるのに、こんな近くに水力発電があるなんて全然知らなかったです^^;
そして芦安集落の一番高い所と思われる場所からの風景。

Imgp0842

今まで走ってきた道が遥か下に見えました。
ここから一気に下って自宅到着。
距離と時間が少し短くて、少々物足りなさがありますがちょっと入ってみたい
脇道なんかも見つけたので良しとします。

さて、次はどこを走りましょうかね~♪

使用バイク:ミニベロ(BENETTON)
走行距離:39.9km(サイコン読み)
累積標高:1,148m(ルートラボより)
走行時間:2時間39分
所要時間:3時間20分
※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サイクリング】2013年6回目 観音平

先週にひき続き今週もサイクリング出かけてきました。
行先は前日まで決まりませんでしたが、地図を眺めていて
気になった場所、小淵沢の観音平です。

自宅を7時半に出発。
天気予報は曇りのち晴れなのでお昼頃には青空も見えるだろうと
予想していました。

まずは自宅を西へ上り徳島せぎへ。

Imgp0782

これから向かう八ヶ岳方面は厚い雲に覆われています。

走りなれた道を走り、いつもと同じ位の時間で韮崎市円野の
風車に到着。

Imgp0784

先週は雨が降った直後で路面が濡れていましたが今回は
大丈夫でしたw

休憩しながら南を見ると、富士山はすっぽり雲に覆われ
横にはレンズ雲が出ていました。

Imgp0785

休憩を終えて先を目指します。
未だ曇り空ではありますが、雲には動きがありこんな空模様なら
曇っていても飽きる事がないので楽しいです。

Imgp0786

空を見ながら走り、自宅から2時間弱で道の駅はくしゅうに
到着。

Imgp0787

先週は平日の早朝だった為空いていましたが、今日は
それなりに混んでいて賑わっていました。

ここでも少し休憩をして先を目指します。
ここから交通量の多いR20へ入り、県境の小淵沢まで走ります。
トラックが横を通る時の風に煽られながら県境の国界が
ある交差点に到着。

Imgp0789

ここを右折し本格的な上りに入っていきます。
空は未だに曇っていますが、風景ものどかで走っていると
気持ちがいいです♪

Imgp0790

しかし、景色はいいですが道は結構な上り坂・・・
最近は登坂のコースを走っていなかったので正直しんどいですw
軽いギアでゆっくり上りながら道の駅こぶちざわに到着。

Imgp0791

水分補給と上りで疲れた筋肉をほぐしながら暫く休憩。
道の駅を少しウロウロして先を目指すことに。

相変わらずの上り坂を上ってようやく目的の観音平の分岐に
到着。

Imgp0792

とここで水分が残り少なくなったので、分岐の少し先のある
森の駅小淵沢で調達しようと寄ってみると、自動販売機は
なんと販売停止中!?
なくなく先を目指すことにしました・・・

観音平への道の前半は暫く直線の上りになります。

Imgp0794

正直なところ、自分は直線の上りがちょっと苦手・・・
つづら折りより傾斜がきつく、目の前に終わりのない
上りが続くような感覚で精神的にしんどくなります。

しかし暫く上ると直線区間も終わりクネクネとした
つづら折りになり上りも楽になります。

周りをみると整備された木々も綺麗で走っていて
気持ちがいいです。

Imgp0795

そして何より交通量は全くなく、人気もないので
自然を楽しみながら走れます♪

そしてやっとのことで観音平に到着。
写真の場所は駐車場手前にある展望場所ですが、
富士山を目の前に望み見事な絶景です。

Imgp0799

Imgp0798

雲に覆われている空ですが、それでも絶景!
カメラがコンデジで残念でしたがそれでも
満足でした。

ここから数百メートル走ると観音平の駐車場に
着きますが途中の道は路上駐車の車だらけ・・・

Imgp0801

駐車場も満車でした。

Imgp0802

地図で気になっただけで来てしまったので、一体ここに
何があるのか知りませんでしたが、ここから八ヶ岳へ
の登山口があり赤岳へと登山することが出来るようです。

Imgp0803

駐車場は周りを木々が遮って景色も良くないのでここで
軽く補給することに。

Imgp0804

上りで使ったエネルギーを補給します。
小腹を満たし、休憩もしてここから一気に下ります。
そしてここでもう一つの目的を実行します。
その目的とは、Twitterで走っている動画を配信です。

スマホをハンドルにマウントし、ツイキャスというアプリで
走っている動画をリアルタイム配信するわけです。
ちなみにハンドルまわりはこんな感じに。

Photo

色々付けすぎてゴテゴテしていますw
スマホをセットし、アプリを起動しいざ出発!
初めてのハンドルマウントで心配ですが、
上ってきた道を軽快に下って行きます。

そして5分ほど下った時、路面のギャップを踏んだ
衝撃でスマホが見事に落下・・・
落下の衝撃でカバーはハズレ、電池は吹っ飛び
無残な姿・・・
なんとか元通りに組み立て電源を入れて見ると
とりあえず電源は入り使うことは出来ました><
良かった~・・・

気を取り直して再度ハンドルにスマホをセットして
また落ちないようにゴムバンドでしっかり固定。
(さっきはこのバンド固定が不十分だった・・・)
アプリを起動し再度配信スタートです。

つづら折りをクリアーし最後の直線もクリアー!
今度はスマホも落下することなく走ることが出来ました。
以下の動画がTwitterで配信した動画です。
画質が悪く、動画も所どこと飛んでいますが、
簡単に配信、保存が出来るので良しとします。
ちょっとツイキャスのサイトが重くバッファに時間が
かかるのが難点でしょうか・・・

観音平下り(スタートからスマホ落下まで)

観音平下り2(スマホ回収から最後まで)

こんな感じで動画を配信することが出来ました♪
目的も果たしたのでここから帰路につくことに。
八ヶ岳高原ラインを走って清里を目指します。

Imgp0808

未だに空は曇っているので気温も低く走りやすいです。
そして水分も尽きたのでいつものまきば牧場で休憩。

Imgp0810

今日はガスがかかっていて遠くが見渡せず残念でした。
休憩を終えて八ヶ岳高原ラインを走りR141に合流。
ここで再度、動画配信をしてみることにしましたw
R141清里~道の駅南きよさと

今度はスマホを落とすことなく配信することが出来ました♪
道の駅南きよさとで少し休憩し、一気に韮崎までR141を
下って行きます。
帰りは少し向かい風でしたが、道はずっと下りなので
気持よく走り道の駅にらさきに到着。

Imgp0812

Imgp0811

併設されている公園はのんびりするにはもってこいです。
休憩を終えてここから一気に自宅まで!
今回は久しぶりに始めて行く場所、初めての試みで
楽しいサイクリングでした!

さて、次はどこを走りましょうかね~♪

使用バイク:MTB(TREK 4300)
走行距離:107.3km(サイコン読み)
累積標高:2,019m(ルートラボより)
走行時間:5時間48分
所要時間:7時間48分
※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サイクリング】2013年5回目 諏訪湖

昨日、有給を取ってサイクリングに出かけてきました。
行き先は毎年行っている諏訪湖へ。

前日の週間天気では山梨・長野ともに曇り予報だったので
多少は雨に降られるのを覚悟しながら出発することにしました。

まずは出発前に腹ごしらえ。

Imgp0751

GWに行った富士芝桜祭りで買った「桜えびの塩ラーメン」
程よい塩味に香ばしい桜えびの香りで美味しかったです。

支度を終えて朝6時に自宅を出発。
まずは西へと上り徳島堰沿いを北へと走ります。

Imgp0752

天気は予報通り曇で、空全体は厚い雲に覆われていました。

平日とは言え、時間が早いので交通量は少なく「自分専用」の
様な徳島堰沿いを走って行きます。

Imgp0753

桜の時期には多くの観光客が訪れるわに塚の桜。
今は濃い緑の葉をつけて、周りの田んぼと相俟った
夏の景色になっていました。

自宅を出発して45分程で韮崎市円野の風車に到着。

Imgp0754

どうやらこの辺りは数時間前まで雨が降っていたようで、
路面はタイヤが水を巻き上げるほど濡れていました。

少し休憩をして先を目指します。

ここから徳島堰を離れ、武川・白州の山沿いを走っていきます。
途中で山の方を見るとまだガスが残っていてこの後の天気が
心配になってきます・・・

Imgp0755

Imgp0757

自宅を出発して1時間45分で道の駅白州に到着。

Imgp0758

日中は常に混んでいる道の駅ですが、この時間は人もまばら。
まだ開店の準備をする人がゴミ箱の準備等をするところでした。

休憩を終えてここからR20を走りますが、道幅が狭くトラックも
多いのでちょっと苦手な道です。

道の駅を出てから小淵沢に入り道は少しずつ上り始めます。
上り始めますが、林道や峠ではないので傾斜も緩く体力的には
そんなにキツくはありません。

30分程走って道の駅信州蔦木宿でトイレ休憩。

Imgp0760

こちらも早朝なので人はまばらでした。
トイレを済ませて早々に出発。

R20で心配していた交通量は多くなく、意外と気を使わずに
走ることが出来ました。

Imgp0759

景色ものどかで気持ちがいいです♪

Imgp0761

景色を見ながら走り、ダラダラとした富士見の上りを超えて
茅野に入りセブン・イレブンで少し休憩。

Imgp0764

ここでは事前に買っておいた補給食を食べながら休憩です。
セブンの裏の畑には「寒天の里」の大きな看板が。

Imgp0763

あんな奥じゃなくてもっと国道沿いに設置したらいいんじゃ
ないかなw

ここからは一気に諏訪湖を目指します。
途中で雨が舞ってきましたが、ウェアを濡らすほどの降りでは
なかったので良かったです。

そして自宅を出発して4時間で諏訪湖に到着。

Imgp0765

時間は10時ですが曇空なのでだいぶ暗い風景で、湖畔は
風がかなり強かったです。

ここから湖畔一周スタート、諏訪湖湖畔は歩道やサイクリングコースが
キレイに整備されているのでとてもはし易いです。

Imgp0769

景色を見たりしながらのんびりポタ♪

Imgp0767

Imgp0768

Imgp0770

Imgp0771

ちなみに諏訪湖は一周16kmで、当然道もフラットです。

Imgp0773

晴れている時に走れば自転車の楽しさを味わうにはもってこいの
場所です。

のんびり湖畔を1周し携帯食を食べながら、ここからどこを走って
帰ろうか考えていると家族から電話が。
諸事情によりすぐに帰らなければならなくなったので、
最短距離で帰ることとしました。

停車も休憩も減らしてまっすぐ帰ってきたので写真はこの1枚だけ。

Imgp0775

心配していた天気も、お昼を過ぎたら午前中の曇り空が嘘のような
良い天気!
あと2週間もすれば梅雨明けする地域も出てきます。
大好きな夏が目前に迫っているので、そろそろロングコースの
検討をしてロードで出かけてみましょうか!

さて、次はどこを走りましょうかね~♪

使用バイク:MTB(TREK 4300)
走行距離:137.9km(サイコン読み)
累積標高:1,305m(ルートラボより)
走行時間:6時間29分
所要時間:8時間22分
※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サイクリング】2013年4回目 本栖湖・精進湖

先週に引き続き、今日もサイクリングに出かけてきました。
今週は富士五湖方面の本栖湖・精進湖です。

昨日は少し雨が降ったため、早朝は涼しくウェアに悩みましたが
走っていれば暑くなりそうなのでインナーを一枚着ただけで
夏の服装で出発。

まずは自宅から甲西バイパスに入り南下します。

Imgp0699

早朝なので車は少なく走りやすいです。
周りにいるのは早朝のウォーキングをする人と農家の方だけでした。
しかし、いくら早朝とは言え自転車で風を切って走ると寒い・・・
道も若干下りなのでなかなか体が温まりませんでした。

30分程走ると甲西工業団地に入りこの交差点を左折。

Imgp0701

ここから三郡橋を渡り県道9号に入り身延方面へと走ります。

時間的にはとっくに日が出ている時間ですが、進行方向はまだガスが
残っていてなかなか晴れてきません。

Imgp0704

それでも久しぶりに走るコースなので景色を楽しみ、
いつも立ち寄る六郷のローソンに到着です。

Imgp0705

ここでお腹もすいたのでおむすびと水分を購入。

Imgp0706

ちょっと足りなかったですが美味しく頂きました。

ここから少し走ると進路は東へ、景色ものどかで道も少しずつ上り始めます。

Imgp0708

Imgp0709

下部に入ると青空も顔を覗かせ、景色もよく見えて気持ちよく走れます。
途中から県道404に入り照坂峠、照坂トンネルを過ぎるとR300本栖みちに
合流します。
ここから本格的なヒルクライムになります。

ギアは低めにゆっくり無理せず上ります。
自転車に乗る多くの人は、ヒルクライム区間に入るとタイム計測を行なって
いるみたいですが、自分はその辺は全く無頓着w
景色を見ながらのんびり上ります。

いくつかのつづら折りを超えると、今自分が上ってきた道が遥か下に
見えて爽快です。

Imgp0710

そしてさらに上って行くと周りの山々が同じ目線になり山の中を走って
いるな~と実感します♪

Imgp0711

そしてこの中之倉トンネルを超えれば本栖湖畔に到着します。

Imgp0714

自宅を出発して約3時間で本栖湖に到着。

Imgp0716

ここは富士山の絶景スポットですが、今日は恥ずかしがって隠れて
いるようです。残念><

ここで少し休憩してから本栖湖畔を走ります。

Imgp0718

Imgp0719

Imgp0720

湖の色はグリーンでとてもキレイ。
夏にはウィンドサーフィンを楽しむ人や泳ぎを楽しむ人もいます。
暫く走ると湖畔から少し離れ、林の中を走ります。

Imgp0721

こちらも緑が綺麗で木漏れ日が気持ちいいです♪
湖畔を半周してここでも少し休憩。

Imgp0724

今日はバイクで訪れる人が多かったですね。

さて、ここから帰路を意識して精進湖に向かいます。
R139に入り精進湖方面に走りこの分岐を左へ。

Imgp0726

本栖湖からアッという間に精進湖に到着です。

Imgp0727

湖を見ると今日は高校生?のカヌーの大会があるようで湖面には
たくさんのブイが浮いていました。

Imgp0728

Imgp0729

ここでも湖畔を半周し本格的な帰路につきます。
R358に入りまずは精進湖トンネル。

Imgp0730

トンネルの距離は短いものの道幅は狭いのでやはり怖いです・・・

トンネルを超えると今日のご褒美のダウンヒル!
気持よく下るぞ~と意気込むもトラックのペースカーに阻まれ
安全速度で下ります^^;

のんびり下って旧料金所手前から県道36号に入り市川三郷方面を
目指します。

Imgp0731

この道は芦川沿いを走る気持ちのよい道で実はお気に入りです。

Imgp0733

Imgp0734

Imgp0735

山間の川と平行して走る道は気持ちよく交通量も少ないので
気を使うことなく走ることが出来ます。

気持よく下り芦川に別れを告げて市川大門に到着。

Imgp0736

ここまで下ってくるとだいぶ暑くなってきますが、蒸し暑くはないので
快適でした。

そして、きた道と同じ三郡橋を渡り東南湖の移転したローソンで最後の
休憩。

Imgp0737

水分を取りながら自転車を見ていると、いつ踏んだか分かりませんが
長細いミミズ?の死骸がパーツの一部にくっついていました・・・
うぅキモイ・・・

休憩を終えてここから甲西バイパスに入り一気に自宅まで。

Imgp0738

帰りの景色は早朝とは全く違う、気持ちのよい天気でした♪
このコースは毎年必ず走っているコースで、富士五湖にアプローチ
するには交通量も少なく、苦手なトンネルも非常に短いので
走りやすいです。
もちろん景色も最高!
今回も気持ちのよいサイクリングでした。

さて、次はどこを走りましょうかね~♪

使用バイク:MTB(TREK 4300)
走行距離:94.9km(サイコン読み)
累積標高:1,334m(ルートラボより)
走行時間:4時間44分
所要時間:6時間6分
※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧