« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

○○の秋

スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋、秋にも色々ありますが、
僕の中では美味しいお酒の秋♪
(最近自転車乗ってないから体がやばいです><)

Dsc00414

頂き物や自分で買ったお酒でちょっと嬉しいw
(普段は5Lで○○○○円の焼酎なので・・・)

左から、

大分銘醸(株)
大分むぎ焼酎 安心院蔵(あじむぐら)
原料:大麦、大麦麹
アルコール度数25度
ラベルが和紙で出来ていてイイカンジ☆
こちらは頂き物で楽しみです^^

薩摩酒造(株)
麦焼酎 神の河(かんのこ)
原料:麦、麦麹
アルコール度数25度
色が琥珀色で熟成されてる感じ、古酒的な焼酎かな?
こちらも同じく頂き物、ロックで飲んだら美味しいかな?

浦霞醸造元(株)佐浦
純米吟醸 浦霞 禅
原料:米、米麹、精米歩合50%
アルコール度数15度以上16度未満
こちらは自分の一番好きな日本酒!がんばれ東北の意味を
込めて購入、本にも載る位の有名なお酒です♪

ってな訳で、久しぶりのお酒ブログでしたがどれから
飲もうか楽しみだ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デジタル一眼レフ購入

すっかり夏も終わり、大嫌いな冬は目前です。
そんな訳で、毎年寒くなるとインドアになってしまう私ですが、
今年は引きこもらないで外に出るよう、モチベーションを
上げるためにカメラ買っちゃいました☆

と言っても、自転車に乗る為だけに買った訳ではありませんw
もともと少しですが、写真に興味があり、もう少し綺麗な
写真が撮りたいな~と思っていました。

最近はサイクリングのコースを調べるのに色んな人のブログを
見ていると、デジイチで撮った写真が羨ましくて購入を決意!

しかし、思いつきで直ぐに買えるほど安くはないし、経済力も
ないので中古品を購入しました。

購入したのは、「CANON EOS Kiss X2 Wズームセット」です。

Dsc00410
Dsc00411
Dsc00412

カメラのキタムラさんのネットで状態が良さそうな物を選んで、
価格は新品の半額以下!
デジイチの入門用としてはカメラも値段もこれで十分でしょう!

と言う訳で、使い方も良く覚えないまま撮影した
初デジイチ写真です。

撮影場所は西湖いやしの里根場、天気はあいにくの曇り空><

Img_6351 Img_6354
Img_6358_2
Img_6362_2 Img_6369
Img_6374 Img_6375
Img_6379 Img_6382
Img_6386
Img_6388 Img_6391
Img_6392 Img_6396
Img_6399 Img_6400
Img_6402 Img_6406
Img_6408 Img_6412
Img_6415

いやいや、いきなりマニュアルで撮ろうとしても綺麗に
撮れませんね^^;

冬はデジイチ片手に自転車に乗って近場を散策したいと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクリング 11年度12回目

暑さ寒さも彼岸までとは良く言ったもので、朝晩はすっかり涼しく
なりました。

そんなわけで先週は咳風邪を引いてしまい自転車に乗れず。。。
今週はだいぶ良くなったので中距離サイクリングに出かけてきました。

今回は去年も走った市川三郷からの芦川沿いコースです。
自宅を8時20分に出発。
すっかり寒いので半袖シャツ2枚、アームウォーマーに
ウィンドブレーカー、下は7分丈のパンツで出かけました。

しかし・・・さ、寒い><
必死にクランクを回しますが、なかなか体が温まりません・・・
信号待ちで目的地方面を見ると雲がかかってどんより。
太陽も見えないので寒い訳です^^;

Dsc00367

天気予報ではスポーツ日和と言っていましたが本当かなぁと
ちょっと心配になります。

出発してから50分弱で市川三郷に入り少しの上りが始まります。
ここでようやく体も温まりウィンドブレーカーを脱ぎ少し休憩。

Dsc00368 Dsc00369

県内では何処にでもある「ハッピードリンクショップ」ですが、
でかでかと「市川三郷3号店」と書かれています。
他の1,2号店が気になる所ですw

休憩を終えて少し走ると右手に碑林公園が見えてきます。

Dsc00370

他の景色とは不釣合いなこの公園、入場するにも料金がいるので
入った事はありません。

ここから数キロ走り県道36号に合流、ここからのんびり芦川沿いを
走っていきます。

Dsc00371

川を覗き込むと水はとても綺麗で夏だったら泳ぎたいところです☆
あ、でも僕は泳げないんだったw

Dsc00373

川と景色を見ながらのんびり走り、出発してから1時間半程で
精進湖線に合流。
しばし休憩です。

Dsc00374 Dsc00375

休憩を終えて精進湖線を上り芦川への分岐を目指します。
3連休の初日と言う事もあり交通量が多いので少し緊張しながら
走ります。

Dsc00376

芦川への分岐に到着、ここからまたのんびりとした山の中を
走っていきます。

Dsc00377

山名の中と言っても道幅は車が対向出来るほどあるし交通量も
ほとんど無いので安心して走れます。

途中空を見るとすっかり青空が顔を出し、山の緑とのコントラストが
綺麗です♪

Dsc00379

緩やかな上りをのんびり走っていると、気になる看板を発見。

Dsc00380

なんじゃもんじゃの木?なんじゃこりゃ?w
その上には鶯宿峠(おうしゅくとうげ)とあります。
今度調べて行ってみようと思います。

さて途中、傾斜もきつくなったりしましたが芦川農産物直売所に
到着です。

Dsc00381 Dsc00382 Dsc00383

時期になると季節の野菜が格安で販売されていて、きのこ汁の無料
配布も行われたりしますが、今日は何もイベントがないのか人も
まばらでした。

ここでも少し休憩し(相変わらず休憩多いですw)ここから
甲府へ戻るとします。

直売所から少し上るとなぜかヘリポートがありました。

Dsc00384

自然災害時にはここにヘリで救援にくるのでしょうか?
自宅を出発して3時間ほどで本日の最高地点、鳥坂トンネルに
到着です。

Dsc00385

ここを越えると甲府までは一気に下って行くので、再度アームウォーマー
とウィンドブレーカーを着込みます。

毎度の事ですが、必死に上っても下りはあっと言う間なんですよね~
でもそれが楽しいのです☆

鳥坂峠の下りは30分も掛からずR20に合流。
途中、しんどそうに上っているMTBに乗ったおじさんを見かけました。

時間も丁度お昼時、以前から行ってみたかったラーメン屋を目指します。
向かったのは甲府市里吉にある「縁者」です。

事前にお店の場所調べると、青沼通り沿いにあるみたいなので
ゆっくり走りお店を探します。
が、しっかり見ていたつもりがボケボケ走っていたみたいで
一回通り過ぎてしまいました^^;

Dsc00386

お店に入るとお昼時のせいか6人ほどの待ち。
自分も食券を買い待つことに。
ちなみに今回食すのは味玉中華そばです。

このお店、本来はつけ麺が人気のようですがあえて中華そばに
しました。

お客さんのピークを越えたようで、5分程で着席。
味玉中華そばも5分ほどで運ばれてきました。

Dsc00387

まずはスープを一口、濃厚豚骨+魚介スープでうまし!
自分の好みの味でどストライクです!

麺はストレートですが、スープが濃厚なので良く絡み美味しいです!

箸を止めずにガツガツ食べていると、左隣のお客さんのつけ麺登場。
横目で見ると、麺ふと!?う、うまそうだ・・・

さらに右隣のお客さんもつけ麺登場。
麺赤!?な、なんだろう唐辛子でも練りこんであるのか?

ん~興味をそそるつけ麺なのでまた後日食べてみたいと思います♪

と他の人が注文した品に興味を奪われながらも中華そばを完食!
大変美味しく頂きました☆

さてここから双葉・韮崎経由で帰路に着きます。
甲府駅前を走り双葉を目指します。

しかし途中の敷島・響きヶ丘を越えたあたりで頭痛が・・・
暫く様子を見ようと思いましたがズキズキ・・・
こりゃダメだなと諦めて進路を自宅へ戻すことに><

不思議なもので自宅へ帰ると思うと疲労も一気に出てきます。
って事で双田橋付近の公園でしばし休憩。

Dsc00389

のんびり休憩しヨチヨチ走りで自宅に到着。
2週間走って無いだけで体力ガタ落ちでちょっとショックでした・・・
あ、でも久しぶりにラーメンサイクリングが出来て楽しかったです☆

より大きな地図で 20111008芦川~縁者 を表示

20111008

使用バイク:MTB(TREK 4300)
走行距離:81.9km
累積標高:1876m
所要時間:4時間00分
走行時間:5時間54分
※ここに表示しているデータは使用している機器・ソフトによって大きく
 差が出る場合があります。
 あくまでも「参考データ」として見ていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車のマナーについて。

ここ数年、日本では自転車が大きなブームとなりスポーツ自転車に
乗る人口が増えています。

これは大いに喜ぶことであり、自転車は楽しい!と沢山の人たちに
認知されている証拠であります。

しかし、一部マナーが悪い自転車乗りの人たちがいるようです。
すでにマスメディアでも報道されていますが、

・○○○サイクリングロードでの危険走行
・ブレーキ無しピスト
・○○埠頭での信号無視

等、非常に残念で悲しく、同じ自転車乗りとして腹立たしい事であります。
※インターネットの大型掲示板でも多数スレッドが立ち上がっています。

まず、この様な危険走行・違法改造をする人たちは何を考えて
走っているのでしょう?

自分だけは大丈夫?慣れているから平気?みんな守ってないじゃん?

いろいろ言い分はあるでしょうが事故が起きてからでは遅いんです。
単独事故で済めば反省するだけでいいでしょう。
しかし他人を巻き込んだらどうしますか?

怪我をさせてしまった被害者・家族にはなんと謝罪するのでしょう?
最悪の場合死亡事故にもなりかねません。
いや実際死亡事故も発生しているようです。

楽しかった自転車が一瞬にして凶器に変わり自分の人生を変えて
しまいます。

なんでもそうですが乗り物や道具に罪はありません。
車やバイク・自転車はプロが乗れば観客を楽しませる格好いい
乗り物になりますが、間違えると暴走族になります。

包丁やナイフは板前さん・シェフが使えば美味しい料理が
出来上がりますが、間違えると人を殺める道具になります。

自分の間違った使い方や乗り方により、楽しい乗り物・便利な道具が
偏見の目に晒され、規制の対象になり楽しくなくなり・使えなくなって
しまいます。

大げさに記事を書いているように見えるかもしれませんが、
マスメディアに大きく取り上げられてしまった以上、自転車に
乗らない人から見るとスポーツ自転車を見るだけで、

「暴走自転車だ!ブレーキついてないから危ないよ!!!」
「あいつら信号無視して走るんだ!」

と、自転車乗り全員が偏見の目で見られる事になります。
(実際、自分の親も知識が無いので私の自転車をブレーキ無しと
 思ったようです)

一時の楽しさやファッション性重視でせっかく世に広まり始めた
自転車を、自分たちの手で肩身の狭いものにしてしまっています。

実際私も道路交通法をすべて守り、歩行者や車に迷惑をかけない
走行が100%出来てはいないと思います。

しかし安全な走行を常に心がけ、楽しく自転車に乗れるように
走行しています。

楽しい自転車・サイクリング・レースを楽しむならば、決められた
ルールを守りながら乗るのが一番だと思いませんか?

例えるならば、レースは決められたルールの中で切磋琢磨して
競い合うから勝利したときの嬉しさがあり、見ている人は感動
するのです。
もしドーピングをして勝利した、レースに不正があった、他の選手に
妨害をしたなんて事があれば感動もしないし楽しくもありません。

皆さん、日本人が世界に誇るマナーの良さ、思いやりの心を常に持ち、
自分の日ごろの走行を私も含めもう一度見直し、自転車を整備して
楽しい自転車をアピールしていきませんか?
外面だけがいい自分勝手な考えは捨てて楽しく自転車に乗りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »